エリシア

エリシア

Ellicia 聖域の侵犯者

ウィレム:原則的にはドラゴンの領域に足を運ぶことは、お勧めできません。もしあなたの用事が、このフォーゲルブルグの中で解決することなら、我々も協力はします。ひとまず街を散策してみてはいかがですか?この間鍛冶屋のベルタが冒険者の方を探しているようでした。
エリシア

Ellicia ドラゴンの街

オーウェン:先ほどまで、例の「ノーザンケープ」の文献を調べていまして。面白い物を発見してしまいました。この本です。古代の都市に関するこの本に、少しだけ記述があったのです。…あぁこのページです。ここにノーザンケープの都市の紋章が載っていたのですよ。
エリシア

Ellicia 不思議な声

オーウェン:謎の声が言う鍵とは何なのか、ずっと考えていたんですよ。それで思い至ったんですが、あなたがトリア聖域で見つけてきた、光る石。あれのことではないかと。もしそうだとすれば…。あの光る石を使うことで、神殿の封印を完全に元に戻せるかもしれません。
エリシア

Ellicia 太古の封印

オーウェン:村の異変について、調査するべきでしょう。村長が話していたという「太古の存在」の復活というのが気にかかっています。偶然と言うには出来すぎたタイミングで復活したらしい「なにか」がいる。これが何者かは、確認するべきだと思うのです。
エリシア

Ellicia 村の噂

オーウェン:呪いの鎧に刻まれた紋章を調べましたがあまり進捗は思わしくありません。魔王を倒した12英雄に関係すると思ったのですが…やはり、英雄の紋章の中に同じものはありませんでした。そこで、もう一つの手がかりである「クドラク」について調べようと思うのです。
エリシア

Ellicia 真実の欠片

オーウェン:呪いの鎧を奪ったあの女性が逃げたと思われる場所を調べてみたのですが…。これといった手掛かりは見つかりませんでした。魔物を呼び出すような罠を仕掛けるほどの強い力を持ちながら、その痕跡を一切残していない…おそらく現時点で女性を追跡するのは不可能でしょう。
エリシア

Ellicia 呪われた鎧

オーウェン:今回の呪いは、あなたがルッカ森の奥で発見したあの鎧によるものだと思われます。呪いの調査を進め、研究をしていたら、まるで眠るように意識を奪われ…。そして、あなたが見た状態になってたんです。あ、ちゃんと調査の成果もあるんですよ。
エリシア

Ellicia 蝕む呪い

アルフレド:アーデンは暁の兵団の建て直しに奔走することでしょう。私は、あの大釜…古代の力にまつわる情報を追うつもりです。そう、もう一つの謎…呪いの品々についても調査中です。王室の研究室に勤める、呪いの専門家を覚えてますかな?
エリシア

Ellicia 舞い込んだ依頼(暁)

アルフレド:イズモにて古代の術を行うため、古代王の墳墓で発掘された「大釜」をお貸ししましたね。あの大釜は、王宮憲兵としても貴重な調査材料…。紛失、失敗にはそれなりの代償を、と申しあげました。しかし、その大釜は現在どこにあるのでしょう?
エリシア

Ellicia 舞い込んだ依頼(魔女)

アルフレド:王宮憲兵の仕事を覚えておいででしょうか?王国の秩序を守るため、常に怪しい動きを監視することです。しかし、我々の監視の目をかいくぐり、貴方は魔女と接触し…。そればかりか、アーデンの話では魔女に協力までして「大釜」を作り出したとか?
エリシア

Ellicia 暁と黄昏(暁)

アーデン:さっき王宮から「大釜」が届いたんだが…。古代王の墳墓で見つかったという「大釜」なら、古代の巫女を移動させられる。初瀬以外の身体があれば可能だと俺は睨んでいる。問題はどうやって、その「新しい器」を作るかだが…俺にひとつ考えがある。
エリシア

Ellicia 暁と黄昏(魔女)

アーデン:「魔女の血族」のみが持つ腕輪についてなんだが…。ティモスが言っていた「腕輪を構築するため」に必要な材料を集めた。これで、腕輪の魔法を構築し、魔女に会いに行けるんだろう?あんたは集めた材料を持って、いち早くティモスに会ってくれ。
タイトルとURLをコピーしました