アーデン

エリシア

Ellicia 暁と黄昏(魔女)

アーデン:「魔女の血族」のみが持つ腕輪についてなんだが…。ティモスが言っていた「腕輪を構築するため」に必要な材料を集めた。これで、腕輪の魔法を構築し、魔女に会いに行けるんだろう?あんたは集めた材料を持って、いち早くティモスに会ってくれ。
エリシア

Ellicia 精霊と人間

ティモス:魔女の血族のみが持つことを許された腕輪。これがマギのもとへと導いてくれるんだが、前回で魔力を使い果たしたらしい。マギの魔法が暴走した結果、腕輪自体も割れてしまった。だが、腕輪を元に戻し、魔女の魔力を再構築すれば、マギのもとへ行ける!
エリシア

Ellicia 巫女と鳴弦

ローランド:自治会の部屋で見つけた「糸」のようなものについてなんだが…。「糸」そのものについて、分かったことは2つだ。まずは、素材。麻という植物の皮で作られた「糸」だ。もう1つは、「糸」に何かが付着していたこと。どうやら樹液が、固まったものらしい。
エリシア

Ellicia 巫女といにしえの大蛇

ローランド:君に頼みたいことがあるんだ。危険を承知で、潜入してもらった自治会の部屋で、確か、密会を見たんだろう?そこにいたのは、自治会の「副会長の源十郎」と魔族。あの副会長が、まさか「レフェル」という上級魔族が成りすましていた姿だったなんて…。
エリシア

Ellicia ケオスアキレクエス

ティモス:君がどう動くのか、その素晴らしい意見を聞く前にね。僕からの最後の忠告を聞きたまえ。君は「運悪くも」マギの邪魔をしてしまい、結果的に彼女を怒らせてしまったね。僕の話を覚えているかね。僕は以前、魔王と同等、もしくはそれ以上の力を持つのは…。
エリシア

Ellicia セフィロトへ至る道

ティモス:やぁやぁ!待たせたね。実は僕も待ったよ。待ちすぎてアクビが止まらないくらいさ。だが!安心したまえ。待った甲斐あって、面白いことが起きている。ふふ…君に重大な任務を与えよう。君の行動如何では、世界が大きく変わるかもしれない。興味あるかい?
エリシア

Ellicia マルクトに至る道

ティモス:腹が減らないかい?飢えだよ飢え。人間は、生きていくためには何か口にしなくてはならない。身体を持つということは、うっとおしいようで、こんな単純なことで生きていることを感じられる。身体を持たない連中がうらやましくもなるが、私は人間であることに喜びを感じるね。
エリシア

Ellicia プリアモスの大釜

ティモス:前にマギから話は聞いたろう?魔女のマギさ。プリアモスの大釜は、手っ取り早く生命のセフィラを集める方策だ。アレを作らないといけない。何が必要かは、私には聞かないでくれたまえよ。知りたければ、直接、マギに聞くといい。彼女は…。
エリシア

Ellicia 異国への潜入

アーデン:「黒鷲城下街」に暁の兵団メンバーが潜入している。イズモ地方は、港街マールケンより行ける東方の群島でな。遠い昔は、1つの大きな陸地だったと言われている。そこの黒鷲城下街で少し気になることがあってな。調査員を送り込んでいたんだ。
エリシア

Ellicia 生命の大釜

ティモス:うっとうしいあの女は僕のまわりをうろつかなくなったけどね。まだ僕を見張っている連中がいるのさ。めざわりだねぇ。実にめざわりだ…もしかして、「君が」つけられているのかい?フフフ。私は善良な市民だよ。「私は」何もしていないんだからね…!
エリシア

Ellicia 冷たい疑惑

アーデン:冒険者協会に手紙が届いてな。送り主は不明だが、どうやら宛先は、あんたらしいんだ。冒険者協会は知ってるよな?冒険者への支援目的で設立された協会だ。その協会に手紙が届いた。先日、あんたがルッカ森で「呪われた鎧」を見つけた直後に届いたらしい。
エリシア

Ellicia 疑いの序曲

マギ:そういえば、暁の兵団に「呪われた鎧」は届いたみたいね。しかもちゃんと調べている。ふふ。直に面白いことが分かるわ。そうだ。せっかく、あなたがちゃんと協力してくれているのだから、いいことを教えてあげる。あなたのしている素敵な指輪ーーケテルの腕輪。
タイトルとURLをコピーしました